ゴルフ用ソックスの選び方

たかが靴下と侮るなかれ。ゴルフ用靴下と言えば、メーカーロゴが大きく入っただけというイメージですが、ゼロフィットのソックスは、機能性満載。疲れにくい、蒸れにくい、加えて、パフォーマンスアップを期待できるものまで、様々な機能があります。

ZEROFITはソックスから。

もともとZEROFITブランドは、ゴルフに最適なソックスを作ろう。というところから初まりました。長時間にわたるゴルフプレーを、より快適にするため、時間が経つと(疲れてくると)緩んでくる土踏まずをキュッと引き締め、足本来のバネの力を持続させる、アーチサポート機能、ムレを極限まで抑え、常にドライな状態に足をキープする、実用新案取得のベンチレーション、さらに当時日本のスポーツメーカーではほとんど見られなかったポリジンの銀イオン加工(抗菌防臭)を採用。初代ZEROFITソックスは、当時の女子プロを中心に爆発的に人気となりました。

ZEROFITソックス

まずはコレを履いてみて。
機能性ソックスのスタンダード。疲れやすい・足のニオイが気になる方に。

今回登場した新ZEROFITソックスは初代の機能性はそのままに素材の見直しを図り、さらなる進化を遂げています。疲れにくさ、吸湿速乾などの機能があり、立ち仕事や、足に負担のかかる作業にもオススメです。長時間のスポーツでは、緩んでくる土踏まずをサポートするアーチサポート機能は、パフォーマンスに影響大です。

ZEROFITソックス ショートカット
ZEROFITソックス ミドルカット

ナノバイトソックス

粘着素材でマジですべりません。(靴中が。)
驚異のグリップ力2.7倍。足の動きを感じたい方に。

次にご紹介するのはナノバイトソックス。『ナノフロント』という直径700ナノメートルというもはや想像もつかない細さの糸(髪の毛の7500分の1‼︎)で編み上げたソックスで、表面積が従来の繊維の数10倍になるため、高い吸水性・吸着性があります。生地の肌触りも柔らかく、実際に触って見た感じだと、ほんのり粘着を感じます。

ナノバイトソックス
ナノバイトソックス 5本指

極細の糸で編み上げ = 薄いのに強度◎、軽さ◎

この粘着性が、何がいいのかと言いますと、靴内で滑らない=余計な筋肉の動きがない=パフォーマンスにロス無しということです。指先の動きにシビアなスポーツをされている方にオススメです。そして、表面積が従来の繊維の数10倍ということは、より薄くて軽い生地で十分強度が出せるということでもあるんです。ナノバイトはグリップ力はもちろん凄いのですが、この薄くて軽いというのもポイントですね。ゴルフはもちろんですが(平均飛距離6ヤードアップ!)、ランナーの方に愛用者が多いのも納得です。

ナノハイブリッドソックス

いいとこ取りのハイブリッドタイプ。欲張りな方に。

最後にご紹介するのはナノハイブリッドソックス。“ナノ”の名前がついてますが、ご想像通り『ナノフロント』が使用されています。つま先に。足の動きで特にパフォーマンスに大事な部分、つま先のみナノフロントを使用し地面がグリップしやすくなってます。その他は、ほぼゼロフィットソックス同様アーチサポートやベンチレーションが搭載されています。こちらのソックスも根強いファンがいます。このモデルのみ、ハーフミドルカット(踝上まで隠れる長さ)があります。

ナノハイブリッドソックス
ナノハイブリッドソックス ハーフミドル
ナノハイブリッドソックス ミドル

すべてのソックスはメイドイン兵庫です!

兵庫県の靴下は 、加古川市を中心に100年以上の歴史があります。高度成長期以降は海外製ソックスに押され、生産量は激減。しかし、靴下本来の素材感、履き心地、耐久性などが厳格に求められるソックスの分野では、兵庫県産ソックスは高い品質があると世界に認められています。職人たちの手作業による熟練の技がゼロフィットの機能性ソックスを支えています。

メルマガ登録